プロフィール

Lapislazuli

Author:Lapislazuli
やる夫スレまとめ
蒼星石特化サイトです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やる夫と蒼星石が世界を復興するようです 幕間

10 31, 2012 | やる夫と蒼星石が世界を復興するようです

0 Comments

                 ∧
.                 / ヽ
.               ∧/ロ ヽ          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.               | .|ヽ--'|              レイブラント城
          i     ヽl~~~~~|        _______________
          ∧     ヽ冊ll|
         / ヽll_____  __|_ロ__|_
         /____.ll .//'-,,ヽliiil///          .n人
     ∧ ,/'l''''''|ll//   ~~~/ヽ|,         //.|.\
     | ||/'_lロ===ロ-,i_, _ ./''' ヽ,,         l~'''''''''''~l
     |,,/l/ l===l ll.l.l.l∧ /.ii , ii ヽ∧.       ヽ----l'
     ヽ~''''''''l ロ--,,_./_ヽiii四四 ./_ヽ       __| '' '' |__
.      |.''.''l''.l ._ l l l ~| | 國--國| |      |~''-------'l
.      |-,,,l__l,.. ''.l-l,,,,,,|-.|'''''---'''''|-|ヽ .____,-,_ |~ヽl~l l'l l'/ノ
    半| ,, ,.| .lノ~ヽ,l,___li__l iii__ii__iii_|i |,| /ヽ. /ヽllヽ l''' ''' '' l
 半  半| ,, ~|''.l_/|~~'ヽ._ヽ,-, .- ,-,ヽ-,l~,,_ヽ/__ノl|  |. ' ' |
半 半半| ii|l''l .l'---,l'l/''ll-ヽ' '' .'i--/-l,,_ ~'ll'''''ll-l ..|  ' |
森森森森林||ii.iヽ-l,,l-l--.ll-l,li iii l l,l,,_ii ~''-',,_ ~'''l .| ,  , |半半
森森森森林半|ヽ-l,,l-l''''~ll .l.l 半 ヽヽ''''''-,,_. ~'/ヽヽ_   |森森 _/ヽ_半半
森森森森森林|ヽ-l,_l..l''''~ll'''l'l林林,,/ヽ, ヽ! l i~/ /,-,\,_ .|森森['---']森森森
森森森森森森林半半'--ll-l'l 林 ['---']  i,,_ i___l ,' ii .',i l,,,i.l,,_森 .|~''''~|森森森森
森森森森森森林林半,________,,,,,,,,,,| i  |,,,,,,,,,l,,~l i,_l,l,n,,n,l,,l i l---'''''l i ..|森森森森
森森森森森森森林林半半半-''~.|  .|,,,,,,,,,--l-lヽ-| ' '|-,,l'''''''''''~~| ,  |森森森森
森森森森森森森森林林林林半 .| i  | ∩ ∩.l iヽ'' l國li li .l i.i i.i |  .|森森森森
森森森森森森森森森森林林半 .|  .|. ''' ''' l l..l,,-',--,'iヽ,l n .n |  .|森森森森
森森森森森森森森森森林'''''''/~,| i  .| n .n l li.l '''ll冊l l .l l_____,,,,l '_,,,,,|森森,,_森
森森森森森森森森森森森''''--i-|,____,|-----l'''~ll半半l l-l''l---''''l,_  |  ~'ヽヽ
森森森森森森森森森森森'''--/ |   .| i半半半半半半~'''''''''---------''''''~ i ノ
森森森森森森森森森森森 l .l     '-林林林林林林林~''''''-------''''''''~~l半
森森森森森森森森森森森 / l      林林林林林林林林林 l l  .l l l.l林林



続きを読む »

スポンサーサイト


やる夫と蒼星石が世界を復興するようです 第02章 番外編 「ゼルマイト鉱石を探して」 後編

10 31, 2012 | やる夫と蒼星石が世界を復興するようです

0 Comments

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃前回のあらすじ                           ┃
┃                                      ┃
┃町長に頼まれ、ゼルマイト鉱石を探しに来たやる夫達。  ....┃
┃やらない夫にも、ロボ製作のために鉱石探しを頼まれ、   ┃
┃神父・アンデルセンと共にゼルマイト鉱山道を進む。     ┃
┃                                      ┃
┃そこにはかつてやる夫に襲いかかったヌケドたちがいた。  .┃
┃神父に蹴散らしてもらいつつ、最奥へ到達すると、       .┃
┃そこにはかつて倒したコオロギの悲惨な末路があった。    ┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┫
┃     【ダーククロニクル】やる夫と蒼星石が       ┃┃
┃┏━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━┛┃
┃┃                世界を復興するようです       ┃
┣┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃    |\        /|                        ┃
┃    |  \──< . |                           ┃
┃    レ __ノ    ゞ_ |                        ┃
┃   /  ィ彡'   ヾミヽl   ))       ,,==、            .┃
┃   |     ノ ゝ、  |  ((       |l              ┃
┃   ヽ、    l____l  ノ   ))       ヽ-‐ ´ ` ヽ、        ┃
┃     >     <   ≠二三    / 入  `,'´⌒ヾ、     ..┃
┃    >-========-、\   .| |   i´ / ヽ、 !,‐-、/´⌒i   . ┃
┃   ((())|| ̄/||| .||()\\  | |   (,○  `ヽ-レ、ゝ'ト::ヽノ  ..┃
┃   / /| || ./ ||,|| ||/  \\| |   (     ○ ノエニ'ナ' ´   ┃
┃   / /||. | /. || ||||    \_|  (⌒)ヾl二二i‐--,ーノ〃、  ...┃
┃  / / |..|/ . || .|||          ハ´ ヽr':ヾi -=゙ラ、,∠     .┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



続きを読む »



やる夫と蒼星石が世界を復興するようです 第02章 番外編 「ゼルマイト鉱石を探して」 前編

10 31, 2012 | やる夫と蒼星石が世界を復興するようです

0 Comments

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃前回のあらすじ                           ┃
┃                                      ┃
┃【パームブリンクス在住:Aさんの話】                   ┃
┃                                      ┃
┃「いやぁ、びっくりしました。ついに戦争でも           ┃
┃ 始まったのかと思いましたよ。シャーロットの方角で       .┃
┃ 何やら爆発音が断続的に何度も聞こえてきて……」       ┃
┃                                      ┃
┃ ――あれは復興の時に出た音らしいですが……?      .┃
┃                                      ┃
┃「ははは、またまた御冗談を(笑)」                   ┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┫
┃     【ダーククロニクル】やる夫と蒼星石が       ┃┃
┃┏━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━┛┃
┃┃                世界を復興するようです       ┃
┣┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃                                      ┃
┃                              ___     .┃
┃  、;."`;: .:..――――               |───|    ...┃
┃  ;":::::::::::::::::ヾ:::::::::::  \            <二二二二>   ..┃
┃:::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::  ;―i           (i,ノo レ'oリ,)     .┃
┃::::::::::::::::r^i::::::i^i_::::  /  l    _―_ 、    .lル Д lノ     ┃
┃::::::iヽ○i l○〉:〉ヽ::::/  ..:::| /(o il|li o)\  /|~介~|\     . ┃
┃:::::rヽ∨  i_/ //;イ  .::::::::| (  (_人_)  ) <ヽ l__||__,l_/ >     ┃
┃:::::::\iJesus //:::i .::::::::::|  >  `´  <  l` lニ爻ニl,´|     .┃
┃::::::::::::>  † :〈::::::: | .:::::::::.| / ゝ、_つと_,)  l,/::::::::::::::', |    ┃
┃:::::::::/>―<i :::  |.....::::::::::| 弋_イ   |  |  /:::::::::l:::::::::',    .┃
┃:::::::/:::::::::::::::/:::::::::::| .:::::::::::|    ヽ__)_).〈:::::::::::l:::::::::::〉   ..┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



続きを読む »



やる夫と蒼星石が世界を復興するようです 第02章 「起源点」 第06話 「復活! シャーロット」

10 31, 2012 | やる夫と蒼星石が世界を復興するようです

0 Comments

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃前回のあらすじ                           ┃
┃                                      ┃
┃    〃〃∩  _, ,_                             ┃
┃     ⊂⌒( `Д´) < ヤダヤダ!               ┃
┃       `ヽ_つ ⊂ノ   カジノじゃなきゃヤダヤダヤダ     .┃
┃              ジタバタ                     ┃
┃       ∩                             ┃
┃     ⊂⌒(  _, ,_) <畜生…                      ┃
┃       `ヽ_つ ⊂ノ   ギョレースに決定かよ……。   ...┃
┃              ヒック...ヒック...                    ┃
┃       ∩                             ┃
┃     ⊂⌒(  _, ,_)                         ┃
┃       `ヽ_つ ⊂ノ  zzz…                  ┃
┃       ∩  _, ,_                              ┃
┃                 【駄々をこねるアカギさん】         ┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┫
┃     【ダーククロニクル】やる夫と蒼星石が       ┃┃
┃┏━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━┛┃
┃┃                世界を復興するようです       ┃
┣┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃       ,==(◎)=、 `\、 、                       ┃
┃       ∠_______\  \ヽ\                 ┃
┃      /  "\,  、/゙\   \\\            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
┃   /  ( ●)  (●) \   \\(@)       <   ジオラマ編、及び第二章   |
┃    |    :::⌒(__人__)⌒::: l    /\\\        |  今回で終了だお!      |
┃    \、   ` ー ´   /  //´ \\\     \___________/
┃    (⌒ヽ、  ー‐  ィヽ. //     \\ヽ         ┃
┃    l \  \     i //           \ヾ、         ┃
┃    |  \  \  /, イ              ヽ !        ┃
┃    |    \ , '⌒く/ /                 ゙!         ┃
┃    l      ゝ、ニ≠ソ                           ┃
┃     |     `´  ̄ |                        ┃
┃     |    ,ィ'    |                            ┃
┃      |    | ヽ   ,l                          ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



続きを読む »



やる夫と蒼星石が世界を復興するようです 第02章 「起源点」 第5.5話 「復興会議」

10 31, 2012 | やる夫と蒼星石が世界を復興するようです

0 Comments

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃前回のあらすじ                           ┃
┃                                      ┃
┃シャーロットの村づくり開始!                      ┃
┃まずは住民探しと、移民する人を募り、               ┃
┃30人の住民を確保することができた。                  ┃
┃それぞれの要望を鑑みて、不都合のない村にするため、   .┃
┃やる夫たちは復興に際し、会議を始める……。        ┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┫
┃     【ダーククロニクル】やる夫と蒼星石が       ┃┃
┃┏━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━┛┃
┃┃                世界を復興するようです       ┃
┣┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃三三三三三=/ r'てミ孑三\___,___、              ┃
┃三三三三/   ヽソ三二{ ̄       \               ┃
┃三三二/   /三三二三 ̄ ̄ミ`ヽ孑' へ            ┃
┃三三/   /三三ニ――ニ⌒ヽ  ソ / ̄ ̄ヾ         ,'´ ̄ ̄`',
┃三/  /~三三彡: : : : ヾソ\ \/. ( ,,;ー―ヽ        !  始   l
┃_/三=='"ノ―‐、 /   ーヽ .}  {l   //             !  め   l
┃:::::;;二    'ヽ゜ ノ       /. |  {l  /  厶             l  る   l
┃ヾ;;;        ̄  ,,   /,,  |ヽ、|  {__/ ノ        ∠.  ぞ   l
┃┤''                   |:::::::ヽ    ノ          l  。  l
┃ヽ,   .         __,   |:::::::/ ヽ、               \___/
┃__ヽ      ー‐―'".     }  {   {__/            ┃
┃    \、  l ;;     ,; /:}  ヽ::; ;::               ┃
┃__弋=======___ー':::::/   \∥ ,,,,,,,,;"            ┃
┃    ======____::::/  ;";,,; ヽ ノ            ┃
┃  ヾヾ          ''''     /  弋::::::::::::::         ┃
┃\、        '',;",;     ;;;''';/.    | ヾ::::::::         ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



続きを読む »



やる夫と蒼星石が世界を復興するようです 第02章 「起源点」 第05話 「はじめての村づくり」

10 31, 2012 | やる夫と蒼星石が世界を復興するようです

0 Comments

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃前回のあらすじ                           ┃
┃                                      ┃
┃グリフォン軍四天王(笑)・クーガーとの激闘は          .┃
┃やる夫たちの作戦勝ちに終わった。                   ┃
┃そしてその隙を突き、王に斬りかかるルルーシュ。        .┃
┃しかし、王が機転を利かせ返り討ちに。                 ┃
┃                                      ┃
┃過去ですべきことを終え、現代に戻るやる夫達。        .┃
┃漸く世界を復興する第一歩である、                    ┃
┃シャーロットの復興計画が始動する。              ┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┫
┃     【ダーククロニクル】やる夫と蒼星石が       ┃┃
┃┏━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━┛┃
┃┃                世界を復興するようです       ┃
┣┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃                   / \    ____        ┃
┃                    く/ ) \  |三三三三|         .┃
┃                / /:::::::::::\| ̄ ̄ ̄ ̄|         .┃
┃         / ̄ ̄ ̄\/ \__;::-、[三三三三三]      ┃
┃       / ─    ─ \   \  ,' ._ハヽ_ヽヽ  _   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
┃      /  (●)  (●)  \  _  レノ●   ○ ! lハ,/ノ <   今回から……  |
┃      | u  (__人__)    | ヽ.>、lヘ ''' △ ''' ハ. l' /ヽヽ  \_______/
┃      \    ` ⌒´ ノ⌒⌒ヾi ! \. ゙w> --<レl/ ´ヽニ⊃ ┃
┃    ./ / ` ー─γ     )l i l´l ̄|ヽイハヽヘ _,~ヽ' '.....┃
┃  /´ ̄ヾ        ヽ     (( ⊂ニ!.ト‐‐!_'! l__〉       .┃
┃ ァ、ヽ`ン            )     ヽ`       ./l>くl ,ノヽ     ┃
┃' /-'´           (            /.:ヽ/.:.:.:.:.:',      ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                |\
          / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄\
            |  ジオラマ編だお。  |
          \________/



続きを読む »



やる夫と蒼星石が世界を復興するようです 第02章 「起源点」 第04話 「王の真実・後編」

10 31, 2012 | やる夫と蒼星石が世界を復興するようです

0 Comments

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃前回のあらすじ                           ┃
┃                                      ┃
┃ルルーシュ&スザク率いるグリフォン軍に              ┃
┃命を狙われる王(汚いほうの誠)だったが、             .┃
┃既に76回も命を狙われていたお陰で                 ┃
┃ルルーシュ達の狙撃は、あっけなく失敗に終わった。      .┃
┃が、諦めずに再び兵を動員して王を殺そうとする。        .┃
┃しかし王の親衛隊(斎藤・阿部・次元)や、やる夫達が    .┃
┃それらをあっさりと蹴散らしていく。                    ┃
┃                                      ┃
┃その様子を見たルルーシュ達は、四天王(笑)の一人、   .┃
┃クーガーを前線に投入する。                   ┃
┃その圧倒的な速さに、斎藤と阿部はやられてしまう。      ┃
┃                                      ┃
┃果たしてやる夫達はクーガーを倒せるのか!?          .┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┫
┃     【ダーククロニクル】やる夫と蒼星石が       ┃┃
┃┏━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━┛┃
┃┃                世界を復興するようです       ┃
┣┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃  ヽ      | \/  ,. -'''´ ̄ ̄ ̄``ヽ、 |  ./       ┃
┃    \    l /<  l_,..-'''´ ̄ ̄``ヽ、|  | ./          ┃
┃     \__,.ノ' (/7 ) _,..-========┐」/         ┃
┃     |:.:.\___`ー‐'´l:|/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |              ┃
┃     /:.:.:.:.:.:.:.|:    l:|  {} |/  レ  {} }|:./         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
┃    /;ィ':.:.i.:.:.:|:    .l:| _,,.. -    、-.,_  レ|        <   はじまれよ!   |
┃    |:l |:.:.l.:.:.:||:    l:|       、     l.|           \_______/
┃    |:l |:l l.:. :l.|:    l:|     _ '     !|           ┃
┃    └┴┴''' ヽ、  \  /   `t   /〈           ┃
┃           \ヽ、_/〉 {    / / ::/〉            ┃
┃        /:/::::|`ー‐' ヽ `_⌒ ィ ´ ゙‐‐‐'            ┃
┃      /::::::/::::::|  \   ´ ∧>、               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



続きを読む »



やる夫と蒼星石が世界を復興するようです 第02章 「起源点」 第04話 「王の真実・前編」

10 31, 2012 | やる夫と蒼星石が世界を復興するようです

0 Comments

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃前回のあらすじ                           ┃
┃                                      ┃
┃25年前のシャーロットで、グリフォン軍に狙われる        .┃
┃王を追い、森の中へ入っていったやる夫と蒼星石。     ..┃
┃行進を阻む兵たちに悪戦苦闘したり、              ┃
┃しなかったりして何とか森の奥にたどり着いた。         ┃
┃敵に捕まったことで気落ちしていたやる夫も            .┃
┃武器のビルドアップで元気を取り戻した。               ┃
┃                                      ┃
┃4人はいよいよ、王とグリフォン軍の待つ狩猟場へ         ┃
┃足を踏み入れる。                               ┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┫
┃     【ダーククロニクル】やる夫と蒼星石が       ┃┃
┃┏━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━┛┃
┃┃                世界を復興するようです       ┃
┣┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃ \.:::::::::.::ヾ`ヽ-'゙    \:::::::::::::::::::::`、-‐''":::::〉、___         ┃
┃ヽ、. |゙、 /''`',ノ       \:::::::::::::::/ヽ:::::::::ノ::::/         .┃
┃ミ`ァ | ゙く   ____,,.      \::::/  ::ヾイ:"レi           ┃
┃,l r| |:,:'/ニ==ヽ``'ー--、ヽ、.,_    ´`‐'´ヽ :::レ ゙/          .┃
┃ ソ||:、:|   `l´ ̄``'''‐ト、.,_ヽ  j /  \:::`ゞ、ソ           ┃
┃__人::::|    |、       ゙''┬_-、_,,,,__ ノ‐'´ヽi           .┃
┃‐' ムヾ     \      ノ |   /   ノ リ          .┃
┃7/ ヽi       `ー、.,,__/   | ,.、イ゙    |::::|            ┃
┃l .l                  | /     l:::::!      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
┃ヽl             l    | ´      !:::l    <   始めるぜ……   |
┃.  ゙、     ゙ヽ、     `ヽ、,___|        !:!       \_______/
┃   ヽ      `''ー、..._.,./         .l|           .┃
┃.     ヽ、        /           |            ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



続きを読む »



やる夫と蒼星石が世界を復興するようです 第02章 「起源点」 第3.5話 「ビルドアップ」

10 31, 2012 | やる夫と蒼星石が世界を復興するようです

0 Comments

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃前回のあらすじ                           ┃
┃                                      ┃
┃蒼星石とセイバーは特にこれといったトラブルもなく     ..┃
┃グリフォン軍が警戒する森の中を進んでいく。          ┃
┃                                      ┃
┃途中、敵に捕まっていたやる夫を回収して、          ┃
┃いよいよ森の奥の狩猟場へ進んでいく……。            ┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┫
┃     【ダーククロニクル】やる夫と蒼星石が       ┃┃
┃┏━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━┛┃
┃┃                世界を復興するようです       ┃
┣┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃::::::... ..丶             ∨‐' ´ ̄ ̄二二ユ_        .┃
┃:::::::.... ...\        r==ニ二ニ三三三三三二≧      ┃
┃:::.' ──-.. \      `ヽ三斗‐〒:: ̄`::.:‐<三/        .┃
┃:::::::... ⌒__丶 \.      ./::.::/::;:: |l::.::.ヽ.::.::.ヽ::.::ヽ        ┃
┃:::::::::.... .'::. ).ヽ  .ヽ     l::.::;':://:八::ト、::\::.::.}::.::.|      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
┃:::::::::::.... __ ..丿   ヽ   |::.::レ':∠ -ヘ:ヽ`≦ニ|::.::.|    <  まだ引きずってる……。  |
┃:::::::::::...    ヽ   .ヽ  ∨::.l:代j歹 \ 它フj::.}:/       \__________/
┃:::::.._ ノ ヽ.____丿   .丶  }:l::.|:ゝ       /:/:,'_ ,.‐ 、    .┃
┃::::::::::::::.... ..::ノ      .) /人:ドヽ、_ r¬ 彡l::リl !   rf:ヽ  ..┃
┃:::::::::::..   ../       .ノ .′ `ヽ _r┴ミ_T´レ' |/ |. ヽ,. ナ/ /  ..┃
┃:::::::::.⌒ "       ..ノ   rt<   /ニ7弌ー、 ㌦ .!/ /   ..┃
┃:::::::::::::::::....    ....::::::../   / :.`ヾ、 く〈 //|ト、〉〉ハ 'ミヾ! ィ、   ...┃
┃:::::::::::::::::::::.. ......::::./   ./:.:/:.:.:.{ } ヽ/| |}{∨ |l:{|`~~~´ i     ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
             |\
     / ̄ ̄ ̄     ̄ ̄ ̄\
     |   はじまるお……。   |
     \________/




続きを読む »



やる夫と蒼星石が世界を復興するようです 第02章 「起源点」 第03話・後 「森の中で・b」

10 31, 2012 | やる夫と蒼星石が世界を復興するようです

0 Comments

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃前回のあらすじ                           ┃
┃                                      ┃
┃レイブラント王をグリフォン軍から守るため、            ┃
┃森の中へ足を踏み入れたやる夫たち。               ┃
┃蒼星石と森の入口で別れ、実質一人で行動するやる夫。 ....┃
┃敵に見つかりながらも、ギリギリ逃げ切れる!          .┃
┃そう思った気の緩みから、捕まってしまった。          ┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┫
┃     【ダーククロニクル】やる夫と蒼星石が       ┃┃
┃┏━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━┛┃
┃┃                世界を復興するようです       ┃
┣┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃    _ /  /      ヽ      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
┃   / ィf   !   iノノハ ノハハ     <  始まるみたいですよ、姫様    |
┃   i/ /i   _!   lィテく Yli|     \_____________/
┃   {Y 入 ( | i l人fソ 〔il |       _  -─-  _        .┃
┃   乂ハj \j l j   --ノリ       | , -──- 、|         .┃
┃   //,T{ リ   _ < rァ-ァ 、   r/:::i:::::、::`ヽ::::::ト        ┃
┃  / / /_ノ´ ̄ ̄ 「 LLLr‐‐、 _〉  {:::::|ト、::\:::ヘ:::/    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
┃  〈 / /.!入______j__ .           l::::if_テ f_テi}::l   <  やる夫大丈夫かな?   |
┃   / /l |   ト、_i___メY/  |iX|    }リト、 -, イ/{     \_________/
┃  ん' l」   |/====r〈   |iX|    r‐十示千、         ┃
┃        /     |ハ___〈___〉___  /,-、i }{ fj:.:\_      ┃
┃         /       !/´  ー‐'   く∧_ノj=''=┘:.:.厂        .┃
┃       /\____oノ、/´| 谷 |`\〈__ノr‐r‐┬rr ヘ         .┃
┃      ./     .i.l  V.|> く!    /__|爻|:」ハ ヘ       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



続きを読む »



やる夫と蒼星石が世界を復興するようです 第02章 「起源点」 第03話・前 「森の中で・a」

10 31, 2012 | やる夫と蒼星石が世界を復興するようです

0 Comments

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃前回のあらすじ                           ┃
┃                                      ┃
┃ アトラミリアに風景/建物を記録する作業を終え、      ┃
┃過去を後にしようとした時、王(蒼の父親)が            ┃
┃部下を引き連れシャーロットに現れ、                  ┃
┃コトノハ(蒼の母)を森の奥へ連れ去ってしまう。           ┃
┃ 時を同じくして、ルルーシュらグリフォン軍も            ┃
┃25年前のシャーロットに到着する。                     ┃
┃彼らの目的、王の殺害を成功させるべく、              ┃
┃森に兵を配置させ、森の奥へと入っていく。            ┃
┃ 歴史の改変と、自身の消滅を防ぐため、           ┃
┃やる夫達もまた森に足を踏み入れる。                ┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┫
┃     【ダーククロニクル】やる夫と蒼星石が       ┃┃
┃┏━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━┛┃
┃┃                世界を復興するようです       ┃
┣┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃                 ───       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
┃                    /    》》ノ ヽ    <  わしが活躍します  |
┃                |ヾ, ! ̄ ̄``  ト      \________/
┃                !ヾ. | ,. -   - |く__           .┃
┃             f⌒ヾ/   ・  ( ・ リ  ノ( \;      ┃
┃             ゝ         ヽ |_ノ 三ヽ、_ \;    .┃
┃            _____、'ーイ    '^ヽ,,ノ  l。 )三( ゚ )∪\;    ┃
┃       ,.,r'´ ̄ .    |    `'二ソ / (__人__) ノ(  |.;  ┃
┃   、 -‐=≦=:::.......... . .: .::!ノ  、__ィ人. |++++|  ⌒ /; ....┃
┃,r'´:.:.: .     :: .'' .,..:. ..:':::゙i :.\::::::::i: ,r':. \人_从人__从_从人__从人_人从ノ/
┃{:::.:  、:.      .    .゛''‐.,:..:::.  :\::i: i:. :. ...、.>                 <
┃|::.:.: . l::.     :    .. :::.. `''‐- ,  :,r',r'./. >  うっせぇ邪魔だお!!  <
┃∧:.:... i::.  .:  .: . .. ..:、:::.     \::、,r'´   >                 <
┃!: :!、:. ::. . ..:. ,.,r'、=-‐''´::. .       .::i:.   /Y⌒YW⌒Y⌒WW⌒⌒YW⌒WY\
┃|: :..::`::.:..:、,r'゛゙゙i::::::::::::.: ::. .      :|: .       .::i.:.`' :. : : .::}゙i . ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



続きを読む »



やる夫と蒼星石が世界を復興するようです 第02章 「起源点」 第02話 「過去の世界」

10 31, 2012 | やる夫と蒼星石が世界を復興するようです

0 Comments

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃前回のあらすじ                           ┃
┃                                      ┃
┃シャーロットにたどり着いたやる夫達一行。           ┃
┃そこに住むボンボン族に出逢い、オプーナたちと共に    .┃
┃アトラミリアを使って、過去の世界に飛んだやる夫達。    ┃
┃そこには25年前、先王と出会う前の王妃コトノハがいた。  . ┃
┃色々と話したい蒼星石だが、本来の目的のため         ┃
┃アトラミリアに過去の建物や風景を記憶していく。        ┃
┃                                      ┃
┃一方、ルルーシュ軍もシャーロットの過去へ行くべく       .┃
┃着々と準備を進めていた……。                   ┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┫
┃     【ダーククロニクル】やる夫と蒼星石が       ┃┃
┃┏━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━┛┃
┃┃                世界を復興するようです       ┃
┣┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃: :i::i: : : : /: .o /; :/;: : : フ'ー--。,,_ ,r '._/:/ : ///';:i: : :: : i:|  ┃
┃: :i::i: : :: /i: : : i::i:/::: :,;イ;ムー-ニニ,,,__`,ン'ィー'´_,/:/:/i: :.i :. : : :i:|.....┃
┃: ::i::i: ::: i i: : : i: リ::./;ケ'~rケ:::テマjrニ'-‐''' ´/r'´:,/´ |:.::i: :: : : i:|  ┃
┃: ::i::i: ::: i i: : : i: i::/ /' .{ソ::::::ソ/"   ./,,/´メ/  ,/: i: : : : ::i|:|  ┃           /⌒ヽ_ノ) ) )
┃: ::i:::i: : :i i: : : i::i/ 。;;;:;ェi;{;;;;;;;;/     ,/;',rく´| ./:.//: :: : : ::i|:|  ┃          ,' ;'⌒'ー''´
┃: : i: i: : :i :i: : : i;i. ;;'    ~~`;;   .,/'''´rテマァ./: /:/: : : : : / |i ..┃         | i|
┃: : :i: :i:: :i: ::i: :。ヾ ; :::::::::::...       r;'::/.'ソ: :/:/: : : : : / |i......┃`ヽ         ノ ,'.!
┃: : ::i: :ト:;ト: : \_:`ヽ、_        :::、 ;{;;ソ /: ::イ:/ : : 。;/  /  ...┃\ \'、 ./ //
┃ー-;i;;;;;;`' ;, : : : |`''‐‐`'.     ,,._  ´ ~;`//: :/:.: :/ o  '  ..┃  \、_>'´ ノ'´
┃   .|;;;;; : ::`' : : :|.        ´´  ::::::;i/:.:。: :/:,/O'´  ○  ..┃   `ー一''´
┃   |;;;;;; : : : : : ::ト、_        _, .イ´i';;;;;;//'~´ / ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
┃    |;;;;;; : : : : : : |. `i- 、,,, -r.:'´i;o: 。i: |;;;;ンi'´    |  始まる……みたいですね。 |
┃ヽ,   |;;;;;; : : : : : : :|O |  `':i: : i: :; : i:; |゚'´:i       \___________/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



続きを読む »



やる夫と蒼星石が世界を復興するようです 第02章 「起源点」 第01話 「ボンボン族」

10 31, 2012 | やる夫と蒼星石が世界を復興するようです

0 Comments

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃前回のあらすじ                           ┃
┃                                      ┃
┃アトラミリアの使い方を調べにパームブリンクスに。       .┃
┃その結果、パームブリンクスから一番近い村の        ┃
┃「シャーロット」にその使い方を知る者がいるということで  .....┃
┃一行はシャーロットに向かう。                       ┃
┃                                      ┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┫
┃     【ダーククロニクル】やる夫と蒼星石が       ┃┃
┃┏━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━┛┃
┃┃                世界を復興するようです       ┃
┣┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃   //::/:l:::::::/::::::;/:::/::::;ヘ::::::::|::::::::::::::::}                 ┃
┃ //:::|:::l:::::;ヘ/, '/:::/:::/  |::::::l:::::::::::::::;'               ┃
┃  /|:::l:::l/:/≠、///ニ ̄リ:::/::::::::::::::l        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
┃  { |:ハ::|:::l ゞ‐'' / '"てノン/:::::::/`i;':|       <  始まるぞ。  |
┃   l' |l::::!  !     ゙"/;::::::; '_..'´ハ{        \_____/
┃     |::リヽ _    //://::l::/                 ┃
┃     l;'  |:;ヽ `  _,. /'´ _/::::l:l                     ┃
┃        !' `ーニ-‐_''"´/イ:l!'    / ̄\          ┃
┃          _,|l ̄|| _,=_: : :| `     |    |          .┃
┃   ,.. -‐'''''""´ !l: : |l "}{`: : :\     \_/            ┃
┃   /:: : : : : : : : 〃: 〃: : : : : : : : :`- _    |              ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



続きを読む »



やる夫と蒼星石が世界を復興するようです 幕間 「パームブリンクス案内」

10 31, 2012 | やる夫と蒼星石が世界を復興するようです

0 Comments

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃前回のあらすじ(長すぎるので要点を羅列)            ┃
┃                                      ┃
┃・蒼星石、朝倉(レジスタンス幹部)と出会う。            .┃
┃・レジスタンスの基地に着く。                       ┃
┃・やる夫、蒼星石に惚れる。                         ┃
┃・ルルーシュの目的が歴史改変だと推理。            ┃
┃・アトラミリアの力を使って世界復興。              ┃
┃・で、アトラミリアってどうやって使うの?                 ┃
┃・「……。」                                 ┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┫
┃     【ダーククロニクル】やる夫と蒼星石が       ┃┃
┃┏━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━┛┃
┃┃                世界を復興するようです       ┃
┣┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃        __ _____                         ┃
┃         |         |                            ┃
┃      」. -‐── ┴┐                         ┃
┃     〔 __ _ __ __ _/         __            .┃
┃      |:.:/i ヽ|ヽ . : ::}        /⌒ ⌒\          .┃
┃      |/ リ ・  ・\/|      /( ●) (●)\    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
┃         ヽ __ ノ        |:::::⌒(_人_)⌒:u:|   <  は、はじまるお! |
┃       , ィ7 介 トト、       \   ヽ_ノ   /    \_______/
┃       /: :{j} i 1 {j}:.:ヽ        (( ( つ ヽ           .┃
┃        /. : :{jLi 1 {j}.:.:.」         〉 とノ ) ))        ┃
┃      `TTi:::::::: |\`T´         (__ノ^(_)        ┃
┗━━━ ./ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄\ . ━━━━━━━━━━━┛
       |  ………………。  |
       \_________/



続きを読む »



やる夫と蒼星石が世界を復興するようです 第01章 「外の世界へ」 第05話 「世界復興の旅」

10 31, 2012 | やる夫と蒼星石が世界を復興するようです

0 Comments

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃前回のあらすじ                           ┃
┃                                      ┃
┃ついに外の世界に足を踏み出したやる夫達。          ┃
┃パームブリンクスの外は美しい景色が広がっていたが   .....┃
┃それはここだけで、世界は滅亡の危機にあるという。      .┃
┃そんな中、コオロギたちが武器を積んだ車で            .┃
┃やる夫達を追走してきた! 絶体絶命のピンチに陥るが、.....┃
┃ネウロ達が列車を走らせてきたおかげで、              ┃
┃なんとかコオロギたちの撃退に成功。                 ┃
┃彼らの列車はかつて直衛が所属していたという        ┃
┃レジスタンスの基地に向かって進んでいく……。         .┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┫
┃     【ダーククロニクル】やる夫と蒼星石が       ┃┃
┃┏━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━┛┃
┃┃                世界を復興するようです       ┃
┣┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃           /:::/::.::.:;:'::.::.::.::.:}::.::.:、::.:::ヽ                 ┃
┃        /::.:::/::.::.:/::.::.::.:::/ハ::.::.::ヽ::.:::`、                ┃
┃        ,'::ヽ⊥_:_厶彡'::://l::|::.::.::.::';::.::、ヽ             ┃
┃         |::.::.:「:::┬=ニ>く l∧ヽ、::.::.:l::.::.:Vl       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
┃       l|:::/ |::.:::l:|「えメミ、 |ト V:_::.::.::|::.::.:::l:|     <   始まるよ。    |
┃      ノ|:人」::.:::|:l ゞミン  |l  ヽ:`ヽ|:l::.::;:l:|        \_______/
┃      ´ j从:::|:::|:トゝ     丶 芯刈:/::|::/〃              ┃
┃     _rヘ_}人:l::l   丶 _′`‐'/:/::l::|ー'′              ┃
┃    /7rぅ 、廴_ヽト\    >=彳:::|::|                ┃
┃     rう:.:ヽrヘヽく  `メこて´V{   |::l::|/              ┃
┃    7:.:.:.;.:.く_nl〈  /,ニ{}ヘ f弌k ノ/;リ                  ┃
┃   / :.:.::|:.:.:. r┤ ) // | lト、\ {X)″                    ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



続きを読む »



やる夫と蒼星石が世界を復興するようです 第01章 「外の世界へ」 第04話 「さよなら、コオロギ」

10 31, 2012 | やる夫と蒼星石が世界を復興するようです

0 Comments

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃前回のあらすじ                           ┃
┃                                      ┃
┃コオロギ専用ATに対する術なく、撤退するやる夫達。      ┃
┃町の機械工・やらない夫に助けを乞い、              ┃
┃戦闘工作兵器「先行者」で出撃!                    ┃
┃捨て身殺法で見事コオロギ専用ATを破壊し、         ┃
┃やる夫達はついに外の世界に足を踏み出した……。    ..┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┫
┃     【ダーククロニクル】やる夫と蒼星石が       ┃┃
┃┏━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━┛┃
┃┃                世界を復興するようです       ┃
┣┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     ┃
┃ |  俺を倒しても、第二第三のコオロギがぁ~!!  |  ..┃
┃ \                             /    ┃
┃    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     ┃
┃         |\        /|                   ┃
┃         | . >──/  |                      ┃
┃     l⌒ヽ、|         ',                  ┃
┃      ヽ、 。z≡   ≡=z。 ヽ                      ┃___
┃   //   \ |XX__'_ XX ゚  | ´ ̄ ̄`ヽ             ┃  ⌒\
┃         ヽ 「   ヽ    ノ         \__       ..┃  (●) \   はじまるお!
┃   | l l|,, __  `''―    /         \__)_   ...┃人__)⌒::::::\
┃    ゝ____(  ̄ ゙̄  / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、       )      .┃┬-|      |
┃ バンバン!!         ̄ ̄ ̄             ̄ ̄ ̄        .┃ー'´     /
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





続きを読む »



やる夫と蒼星石が世界を復興するようです 第01章 「外の世界へ」 第03話 「町工場の底力」

10 31, 2012 | やる夫と蒼星石が世界を復興するようです

0 Comments

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃前回のあらすじ                           ┃
┃                                      ┃
┃やる夫が逃げ込んだ地下水道へ迫るヌケドたち。       ┃
┃彼らを振り切るべく、外の世界を目指し               ┃
┃地下水道を進んでいくやる夫たち。                   ┃
┃けして楽な道ではなかったが、直衛やのび太を手を借り、 ...┃
┃何とか地下水道の出口にたどり着いた。             ┃
┃しかしそこで待っていたのは、コオロギとヌケドたち、      ┃
┃そして“AT”と呼ばれる戦闘ロボットだった……。         ┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┫
┃     【ダーククロニクル】やる夫と蒼星石が       ┃┃
┃┏━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━┛┃
┃┃                世界を復興するようです       ┃
┣┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃            / ̄ ̄\                        ┃
┃           /   _ノ  \                      ┃
┃            |    ( ●)(●)         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
┃           |     (__人__)       <  俺の出番だろ?         |
┃               |     ` ⌒´ノ       | 常識的に考えて……。    |
┃              |         }        \___________/
┃           ヽ        }                 ┃
┃            ヽ、.,____ノ                    ┃
┃   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、                  ┃
┃  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_                   ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


続きを読む »



やる夫と蒼星石が世界を復興するようです 第01章 「外の世界へ」 第02話 「地下水道をゆく」

10 31, 2012 | やる夫と蒼星石が世界を復興するようです

0 Comments

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃前回のあらすじ                           ┃
┃                                      ┃
┃機械工のやらない夫に一頻りチケットを自慢した後、      .┃
┃ずっと行きたかったサーカスを見ることができたやる夫。   ┃
┃しかし、その裏方で1001村長とコオロギ団長が           ┃
┃「外の世界」がどうとか、「石」がどうとか、                ┃
┃怪しい話をしている現場を覗いてしまうやる夫。         ┃
┃どうやら、やる夫の持つ石を狙っているらしく、          .┃
┃それをヌケドたちに見咎められ、追われてしまう。       .┃
┃直衛の助けを借り、機転をきかせて逃げた先は          .┃
┃のび太が案内する地下水道だった。                ┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┫
┃     【ダーククロニクル】やる夫と蒼星石が       ┃┃
┃┏━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━┛┃
┃┃                世界を復興するようです       ┃
┣┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃  /.: : : : : : : : : : : : : :: ヽ         ____         ┃
┃  ,!::: : : : : ,-…-…-ミ:: : :',      :/    \:         ┃
┃  {:: : : : : :i  ,;ノ;´:`ゞ、i: : :.:}    :/ _ノ iiiii \. \        .┃
┃  {:: : : : : :|  ェェ;;;;;;;ェェ|: : : }    /  (○)  (○) \     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
┃  { : : : : ::|    ,.、 .| : : :;!∫ : |    (__人__)     |:  <   は、始まりますお!   |
┃  ヾ: :: : :i   r‐-ニ┐| : riii=   \   ` ⌒´   /      \_________/
┃   ゞイ!   ヽ 二゙ノ イ「 ノ     / ⌒ /⌒Y⌒ヽ ヽ      .┃
┃   ⌒ー ̄ ̄´ r⌒ !  〉    :|  \|  .i  イ |        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
   __/|________
  /                 \
  |  ヤクザ舐めんなよ、ガキ?  |
  \                 /
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


続きを読む »



やる夫と蒼星石が世界を復興するようです 第01章 「外の世界へ」 第01話 「サーカスの夜」

10 31, 2012 | やる夫と蒼星石が世界を復興するようです

0 Comments


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃前回のあらすじ                           ┃
┃                                      ┃
┃平和な街「パームブリンクス」に住む少年「やる夫」は      .┃
┃毎週日曜日、父親である新城直衛と戦闘訓練をしている。 .┃
┃射撃訓練では100発100中の凄腕を披露するものの、    .┃
┃肝心の戦闘訓練はお粗末な出来だった。             ┃
┃その後、誕生日のプレゼントとして母親の形見の「石」と    ┃
┃コオロギサーカス団のチケットを貰ったのだった……。    .┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┫
┃     【ダーククロニクル】やる夫と蒼星石が       ┃┃
┃┏━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━┛┃
┃┃                世界を復興するようです       ┃
┣┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃                                      ┃
┃      ____              |\        /|       ┃
┃     /       \           |  \──< _|       ..┃
┃   /       ― ヽ       レ __ノ , , ゞ_ |       ┃
┃  /         ( ●) '、 ジ~ッ /  r==、   r==、,     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
┃  |             (__ノ_)    |     _'_  |   < は、はじまるよぉー? |
┃  \            `_⌒     ヽ、  '´;;;;;;;;;;l ノ    \________/
┃  /           \       > u    <       ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    __/|________
   /                 \
   |  (好きなセリフを入れてね)  |
   \                 /
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


続きを読む »



やる夫と蒼星石が世界を復興するようです 序章B 「或る日のパームブリンクス」

10 31, 2012 | やる夫と蒼星石が世界を復興するようです

0 Comments

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃前回のあらすじ                           ┃
┃                                      ┃
┃謎の男「グリフォン」が率いる反乱軍の手により         ┃
┃レイブラント王国は崩壊した。                        ┃
┃若き王は殺され、「アトラミリア」と呼ばれる不思議な石も  ..┃
┃反乱軍の男、ルルーシュに奪われてしまう。          ┃
┃外を知らぬ王女・蒼星石は、昔兄から譲り受けた         ┃
┃もう一つのアトラミリアを手に、外の世界へ足を踏み出す。.....┃
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┫
┃     【ダーククロニクル】やる夫と蒼星石が       ┃┃
┃┏━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━╋━━┛┃
┃┃                世界を復興するようです       ┃
┣┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
┃      ___  +                           ┃
┃    / ⌒ ⌒\  +                        ┃
┃   / ( ●) (●)\  やっと出番だお!              .┃
┃   | 0゚ ⌒(_人_)⌒ |                        ┃
┃   \_0゚ ヽ_ノ  _/ +  ずっとやる夫のターンだお!   .┃
┃    (0゚ ∪ ∪ +                         ┃
┃    と__)_)   + ヤルヤルテカテカ                ┃
┃                                      ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


続きを読む »



やる夫と蒼星石が世界を復興するようです 序章A 「レイブラント王国の崩壊」

10 31, 2012 | やる夫と蒼星石が世界を復興するようです

0 Comments

       ,. - ‐―- 、..          //        | 原作:ダーククロニクル(開発:LEVEL5/販売:SCE)
    ,.-'´三三三三三>ヽ        //.         |
   /三三三三三,-‐ニ二 |.       //          |  ●○●原作とストーリーが大きく異なります。●○●
.  l三三ニ三三ニ三 三ニl.      //         |
   \三三三三三三 三ニ!ー-、    //.           | ・やる夫スレは2作目です。前作は↓
   >三三三三-‐' ´二,.!-'ニフ.   //.           |  【クロノ・クロス】やる夫がパラレルワールドに迷い込むようです
.  /ニヽ二二二ニ-- ´三三ニ/.   //.          |  http://yy700.60.kg/yaruo/kako/1244/12442/1244286390.html
  \三三三三三三三ニ=-〈   //            |
   ヽ三三三ニ=‐'´.i..::.:..:.:ヽ  //           | ・ネタバレ/展開予想などはなるべくご遠慮ください。
.    /;.::.:.i.:.::.:ト、ト;:.;;.:..::..:i:.:l.::.:;i l//へ、 ノ丶.      ┝━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・
   |:i::.::.:l:.:i:/、ヾ、\\彡.:l.::.i://l !-:: ::ヽ:: :: \       |     __,、                     ____
   l:|l.::.::l::.トうミゞ、 ゞイ.ン!l.::.//l:| :: :: ::/:: :: :/     |  〃ニ;;::`lヽ,,_          ≡      /      \
   |:|〉:|:..::.ヾ=‐´ i  `´ /.//:,-'フ‐i// :: :/ヘ       |  〈 (lll!! テ-;;;;゙fn    __,,--、_  ..    / ヽ、   _ノ \
    y ヽ\;トミ  -  ///--√ヽ:: :/∠ソヽ      | /ヽ-〃;;;;;;;llllll7,,__/"  \三=ー"/   (●)  (●)   \
    i:: ::i:: :: :: 7丶∠二//ヽ     ̄ 丶ノ  ミ、   | >、/:::/<;;;lllメ   \ヾ、  ヽTf=、|      (__人__)     |
.  -┤:: :l:: :: ::/:: :: \ミZ/ _____   弋´ ヽj  .|      - | ヾ:   :ヽ;;:     | l |  \     ` ⌒´    /
´:: :: ::i:: :: l:: :: ::ヽ:: :: ::   \__ ___ ヽ          ヽヽ      l|    ::\;::    | |  |   ≦´ `'ー' " トく
ヾ:: /:: l:: ::i:: :: :: ::Yヽr/二    | |  ヽ ヽ      ,,__ ..| │ Π   ,,    :;;   l //   l く>  /::l"'i::lll1-=:::: ̄\
 ./:: :: :: ::!/ ̄て ソ 」   ∠ >   |  | ./ヽ . |┌-, .) .| |//    ;;;:::::::::::::: :::::ゞ ノ/   L/ 〈:::t_イ::/ll|─-== ヾ
 ヾ;;:: :: :: :`ー-‐っ_.,、_,、_,、)   | |  ノ  / /∧ヽ  |└ ´ノ....|  く     _;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ   ヘ   /(゙ )l:::l-┴ヾ、ヽ  )
                   __」└ζ  ソ / .二 ヘ | 「. く . | |ヽヽ     :|T==--:::::  //  /  ト=-|:|-─ ( l   /
    _(,,ヘ,,,  ∧      ̄ ̄ ̄ ̄ / ノ   | .| .|.」 \\∟| ヽ∨    .:l l::::::::::::::::::/ /:::::::::::/::::::::(ヽ--─  / |  /
.   / />" )   | |    /⌒)      ̄    ̄     ̄      ̄         |\ /:::::::/::::::::::::`く==-- ノ / /
  / /(   /   ∀|  || ,,__   ┌──-┐ .┌>、  「| |⌒/  _____  ヽ ヽ  ─────============
  | |   ̄ _   | |___|| |┌-, .)  / / ̄ ̄ヽヽ  | Nヽ.  | | | |  / /" ̄))  .| | ┌──┐
―∧ ヽ  (  /  / /─ヽ | |└ ´ノ く (  ○  ) > ||ヽヽ | | . | | ( (      / / / / ̄ ̄ ―───────
  弋 ヽノ ノ  / /   || .| 「. く   ヽヽ__,// ||  ヽヽ│.| |.  ヽヽ_/ヽ  |└┘└──
    又_ノ  / /    .|| .|.」 \\ └──-┘  ||.  ヽ │.| |  弋___丿 .└─┐──┘
          ̄      ̄      ̄           ̄.     ̄  ̄           │|___
.             ~やる夫と蒼星石が世界を復興するようです~           └───┘

続きを読む »



ローゼン「はーい、二人組作って~」 目次

10 30, 2012 | ローゼン「はーい、二人組作って~」

0 Comments


ローゼン「はーい、二人組作って~」 最終話

10 30, 2012 | ローゼン「はーい、二人組作って~」

0 Comments

            ゙i:::.゙i ゙i    ! !::::::.,'
             ゙i:::゙i ゙i   | |:::::,'
              ゙i::.゙i ゙i_| |:::,'
              ゙i::゙i. V _ 1!,r'
               ンJ  (,___ 」,'
             ,r'´      V `゛
           ,r'      ' , !
           ミ        ィ、' !
          ' ┼‐-  .,  ゛`  ,'
          '' 十‐-  .,`ィ    ゙i
           、  .,   `!、    〉   よ~し、じゃあ行くか~
         '´::::::::::::::: ト、  _ンー`
       ,. '´--、:::::::ヽ:::メ'´`iT〈 ,ィシ´
       /::::::::::::::ヽ:::::::ヽ::ヽノ、 ヾ
      ハ、:::_::::::゙';::::::::ヽ::::ヾ! i ',
     ,/:::::_::::,-::::::',::::::::::l__;vヘl ',
    /::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::`ヽ、:ヽ ',
   /、:::::ニニ二二フ::::::::::::::::::::ヽ::', l
.  /::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::ヽlj
 /:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ll



   ) . .:./.:.::::/              \ \.:.::| |::::::人
.  ( . . .:.:.:::::::/       /        ヽ 入| |/ヽ `ヽ
   \.:.:.:.::::/    / ′  l      |  l 「:::| |:::::::ノ   !
      Y.:.:.′   ,′! l   |       |  }ノ..:.| |:::::ノ    |
.     ゝ┤   |  || l |    l   (. .:://.::∧    |
        l !|  _|_Lj、 l | _/|_/ l | )//.::/ l   |
        |八 l l l{\|`ヾト、l、/ ̄l/`刈Y北L.,′ |   |
        | ヽヽl ´==''     ==''^ } | ヒシ''′ |   |
.      '  l / ∧    '       イ|Y´    |   |
      | j l ||丶   ‐    イ`ヽl l      |   |   ……ええ。
.     /|  {| ! | ヽ ` rz=.、´ ノ  / lト、   |   |
     //j/. :| ! |\ l、{{r勿}}〃  //| jj:::::\  |   |
.     /./. .:.::::|   {     `゙T゙´   // l|从::::::::::ヽ.!    |
 r‐=ニ´.:::ヽー=≧ト:.r‐⊂ニニニ⊃x/ /j/:::}::::::::::::::ヽ.  |
  \::::::::::::::ゝ---/´ ミ}厂厂厂厂jr―‐ヘ/.:::j:::\::::::\_j
   \::::::::::::::::::/  ア{ i/ i/ i/ i/jゞ、ヽ`ヽ\{:::::::::\::::::::`ヽ

続きを読む »



ローゼン「はーい、二人組作って~」 第06話

10 30, 2012 | ローゼン「はーい、二人組作って~」

0 Comments




    あなたが、好き。




.




続きを読む »



ローゼン「はーい、二人組作って~」 第05話

10 30, 2012 | ローゼン「はーい、二人組作って~」

0 Comments
584 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 19:14:37 ID:CcKRANYU [1/21]
夏目漱石は出ますか?

585 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 19:17:24 ID:DpsYBYzc [1/6]
やめろwwwwこれ以上複雑にすんなwww

586 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 19:34:27 ID:TkRoJCoY [1/5]
夏目漱石wwwwwwwwwww

589 名前: ◆QF1YKOVuJc[sage] 投稿日:2010/04/13(火) 21:00:22 ID:/0.gzet6 [2/80]




       ー--、  才,_  -┼-  ──,``.,--t-、. ┼   | -┼ . ┼   、  |     (⌒v⌒)
      ,       /|/  )-┼-    /  i /  | ,.-|--、ヽ|   |  /  .i ヽ |     \ /
      ヽ__.  .|  (_ αヽ.    ヽ_  V  ノ i._」  ノ. し αヽ   α   ヽ_/    Y




.

続きを読む »



ローゼン「はーい、二人組作って~」 第04話

10 30, 2012 | ローゼン「はーい、二人組作って~」

0 Comments




       ー--、  才,_  -┼-  ──,``.,--t-、. ┼   | -┼ . ┼   、  |     (⌒v⌒)
      ,       /|/  )-┼-    /  i /  | ,.-|--、ヽ|   |  /  .i ヽ |     \ /
      ヽ__.  .|  (_ αヽ.    ヽ_  V  ノ i._」  ノ. し αヽ   α   ヽ_/    Y




.

続きを読む »



ローゼン「はーい、二人組作って~」 第03話

10 30, 2012 | ローゼン「はーい、二人組作って~」

0 Comments




       ー--、  才,_  -┼-  ──,``.,--t-、. ┼   | -┼ . ┼   、  |     (⌒v⌒)
      ,       /|/  )-┼-    /  i /  | ,.-|--、ヽ|   |  /  .i ヽ |     \ /
      ヽ__.  .|  (_ αヽ.    ヽ_  V  ノ i._」  ノ. し αヽ   α   ヽ_/    Y




.

続きを読む »



ローゼン「はーい、二人組作って~」 第02話

10 30, 2012 | ローゼン「はーい、二人組作って~」

0 Comments




       ー--、  才,_  -┼-  ──,``.,--t-、. ┼   | -┼ . ┼   、  |     (⌒v⌒)
      ,       /|/  )-┼-    /  i /  | ,.-|--、ヽ|   |  /  .i ヽ |     \ /
      ヽ__.  .|  (_ αヽ.    ヽ_  V  ノ i._」  ノ. し αヽ   α   ヽ_/    Y




.

続きを読む »



ローゼン「はーい、二人組み作って~」 第01話

10 30, 2012 | ローゼン「はーい、二人組作って~」

0 Comments

               _ _                 (´ `)) _                   , -―― - 、 _
.              , .:':{@}:::..ヾ ヽ、        _      -' 「 、__ `f⌒ー-'⌒l!             ∠,-‐ '´ ̄ ̄`ヽ、`ヽ
             / ´ ~ ̄~ ` ヾ::.ヽ\       \    / /\ ー、 ゞfニ薔ニヲ            /.::/::./:.::.ハ::.\ ヽ \
.        r.//, 'ハ  ハiレ7〃ヾ::.、ヽ     <    //, '/   `ー-=ヘ、/メヽ .           /:.:./::.::./::.〃  y::..ヽ ヽー`
.         Ll ! { ノ ヽノ `ヽ l/| !:厶l     /   { l! /ノ    `ヽ ヽ._ l i|        〃.:ノ ´ ,ツ     l::/::.| |:.|
.         /Vi 小●    ● ノ l下、_〕         `i |l ●    ●  ツ メノ         |:l::.!ィノ    `ヽ ノリ:.:.| |:.|
            j||l | | 、_,、_ | | i !__ト            `|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃/ |/ .        ヽヽl ●   ●   リ::} *{:|
        /⌒ヽ__|ヘ.| |  ヽ._)| |  j /⌒i !_          |ヘ  ゝ._)   {ミ'/              |ヘ⊃ 、_,、_,⊂⊃/:::i ! i::|
      \ /:::::| l>,、 __, イァ/  /│;; ::\       /⌒l ,、 __, イ゙ァ`ヽ、           i */⌒l,、 __, イァト{ * }:|
.        /:::::/| |:: :: ::{ 薔 }:{ヘ、__∧ |⌒⌒        /  /| l><l |    │              }/  /{><} {l:: :: :|  |:|


                                {:: :: :: :: , : :. :.  :: ::. ヾ丶::. :: _}
          r ̄`-‐ '´ ̄ ̄`< ̄,二ヽ       _| 〉:: ;; , ' "‐  ̄ ` ヽ,ヾ ヽ:: ::廴/
           シ~.:.:.:,::::::::.:::::.ヽ ::. '、//  .      \ {:: :;; / /   l   i   l  .}: }::.3
          /:::/.::/:ヾ.:ヽ::::ヾ:.::.ヽ、 ヽ        <  }:::// ト、 i | il j // |イ1 `|:: ∧|ヽ
         〃:/ト\`ヾミ、/ゞ:ヾ、:ヽ|        /  >;从 |ノv! lノレ`ヽ ./__/ /:.r'  |
         レ!小l●    ● 从 |:l:i|              vi小l○    ○ 川ヨ i:  |
.          レ|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃:`メ:ノ               !|l⊃ 、_,、_, ⊂⊃ l.|ノ i:  i     えっっっ!!!!!!!!
        /⌒ヽ__|ヘ   ゝ._)  /:./⌒i                 |ヘ   ヽ._)   j |´   l:  !
      \ /  レ'`>,、 __, イレ/ ヽ/   .            |: l/⌒l,、 __, .イァト、  |:  |
.         \/::::{i´ 〈/iトゝ |}:ヘ、__∧   .            |:/  / ̄(*) ̄|::::::::,ヘ  l:  !
.           `i:::{|  /|   |}ゝ  ノ                 ノ|  l|_,.イト、__l:::::/::::i  |:  |


         , -――‐-v冖v-―――- 、             _)-―¬ニニ¬ 、r、}rヘ
        く: : : :r>―^ーヘノ)==ミ : : : :|            /   ,′  ´ ̄、`Y  l
       rクヘ:/  ,    ,  ヒr┬- 、: :/           /    /   、    l くハ |
.      rク : :/   /   l |  厶:ヾ、:_:》 :\         ,′ , l !   , |  、 |  l l|
      K_:_:/  / ,′  l |l  | 厶 : : : : /         l  | | | /| ∧__ハ| | | |
        /| l/| レ1  / lメ、_/l  l|ヽ、/ヽ、        | |  l | l7/ /  、| | | |
.       / l |イ/| / / \`7 リ=ミ__〉        |∧ |Nヘ、!/ ●  〉  ,′l|
.     厶イ>l | ○  ′○ /| /ヽ、`二}         ´  ハjミYシ 、_,、_,, ⊂⊃  /  l| \
       く// ,小⊃ 、_,、_,, ⊂⊃=<|  \           l lヘ   ゝ._)  j /⌒i l|   ヽ
       {_{_fて(ヘ       ィ /⌒i } 匸´       /⌒ヽ_l l__>,、 __, イ /  /  ヽ}  `、
       /⌒ヽ__>,、 __, イァ/  / ` ̄        \ / l l  | }≧≦‐| ヘ、__∧   `ヽ、 l
       \ // : : :_:_∨_:__: :ヘ__∧             / / l/ {^ーメ‐┤ヾ 彡' ヽ    ヽl



続きを読む »



ろーぜんめいでん 目次

10 30, 2012 | ろーぜんめいでん

0 Comments



Next Page »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。