プロフィール

Lapislazuli

Author:Lapislazuli
やる夫スレまとめ
蒼星石特化サイトです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


蒼星石たちは本を守るために銃を持つ 目次

07 05, 2013 | 蒼星石たちは本を守るために銃を持つ

0 Comments
蒼星石たちは本を守るために銃を持つ 第01話

蒼星石たちは本を守るために銃を持つ 第02話

蒼星石たちは本を守るために銃を持つ 第03話

蒼星石たちは本を守るために銃を持つ 第04話

蒼星石たちは本を守るために銃を持つ 第05話

蒼星石たちは本を守るために銃を持つ 第06話

蒼星石たちは本を守るために銃を持つ 第07話

蒼星石たちは本を守るために銃を持つ 第08話

蒼星石たちは本を守るために銃を持つ 第09話

蒼星石たちは本を守るために銃を持つ 第10話

蒼星石たちは本を守るために銃を持つ 埋めネタ

蒼星石たちは本を守るために銃を持つ 第11話

蒼星石たちは本を守るために銃を持つ 第12話

蒼星石たちは本を守るために銃を持つ 小ネタ

蒼星石たちは本を守るために銃を持つ 第13話

蒼星石たちは本を守るために銃を持つ 幕間 「日野の悪夢」

蒼星石たちは本を守るために銃を持つ 第14話

蒼星石たちは本を守るために銃を持つ 第15話

蒼星石たちは本を守るために銃を持つ 第16話








.
スポンサーサイト


蒼星石たちは本を守るために銃を持つ 第16話

07 05, 2013 | 蒼星石たちは本を守るために銃を持つ

0 Comments



┏┓                                            ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
┏╋────────────────────────────╋┓
┃|.         Mission:親に戦闘職種配属を隠し通せ!           |┃
┃|                                            |┃
┃|                                            |┃
┃|..    保守的な両親に戦闘職種配属を白状する前に         |┃
┃|                                            |┃
┃|..  郷里の両親が勤め先の図書館見学という突発的事態に!  ...|┃
┃|                                            |┃
┃|..  両親にばれれば「卒倒確定→強制送還」というコンボも!?  . |┃
┃|                                            |┃
┃|    入隊以来最大の個人的ピンチを切り抜けられるか!?     |┃
┃|                                            |┃
┗╋────────────────────────────╋┛
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                            ┗┛




続きを読む »



蒼星石たちは本を守るために銃を持つ 第15話

05 29, 2013 | 蒼星石たちは本を守るために銃を持つ

2 Comments

┌──────┐
│告別式会場  │
└──────┘


       ______________________________
        l___________________________________________l
        ∧三|:Ll:|二二二二二|:Ll:|二二二二二|:Ll:|二二二二|Llノ二二二:|├i─. < ´
        ∧.ミl  .|_|_|_|_|| || |___|:ロ:|::::::::::::|  .| :::::::::::::::::: | ||.|:::::::::::::::::|  |  |
           ' ,|  .l ̄| ̄| ̄| ̄|| || |7/ ̄||::::::::::::|  .| :::::::::::::::::: | ||.|:::::::::::::::::|_|  |
          iォ |....「|TTTTTTTTTT「|TTTTTTTTTT「|TTTTTTTTTT「|TTTTTTT「| . |____________________
          |:| |..::|.| 二二二二二 |:| 二二二二二 |:| 二二二二二 |:|二二二二l:l .|;;;;; :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
          |:| |...:ト..─────‐|:|─────‐.l:|────‐| .ソ____..// .|─|二二二二::i. 尸二二二二::尸三三三三尸三
      __|:|_..| .Y 二二二二二l .|二二二二二l ..|二二二二|  |::::||::::::|::::::レ.... |  |:::::::::::ll :::::::::| |:::::::::::|::::::::::::|:| |:::::::::::::::::::::| |:::::
、    |       |  |_||_||_||_l .|__.||___|  |_||_||_|  |二|二:|::::::|   |  |:::::::::::ll :::::::::| |:::::::::::|::::::::::::|:| |:::::::::::::::::::::| |:::::
  ヾ、、.|____|  | ̄|| ̄|| ̄|| ̄l .| ̄ ̄.|| ̄ ̄ |  | ̄|| ̄|| ̄|  |_|_:|::::::|_ |  「|TTTTTTTTT「|TTTTTTTTTT「|TTTTTTTTT「|T
ミ::ミ::ミ::ヾ     | 「|TTTTTTTTTT.「|TTTTTTTTTT「|TTTTTTTT.「|TTTTTTTTT| |..|  |:|二二二二二l |.二.二二二二.l |二二二二二|:|
::ミ::ミ::ミ::ミ ヾ   | |:|.二.二二二.二.ヒ|.二.二.二二二ヒ| 二二二二_ヒ|.二.二.二.二 | |..| F+────i l r───l l f´ ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄
ミ:::ミ:::ミ::ミ::ミ::ミ:ヾ | |:|   γ⌒ 、 「 _____  ____  |::|l:::::|l:::::::| .| |..| | .|::::::::::::::::::::::| l l:::::::::::::::::l | |:::::::::::::::::::::: | |:::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧ Y⌒Y´;;;;;乂 ;;;ト | |:::::|:ロ:|::::::::::::|  |_||_||_l ..|::|l三||三.| .| |..| | .|::::::::::::::::::::::| | |::::::::::::::::| | | ::::::::::::::::::::::| |::::::
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.Λ;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;,,,,, ;;;;;;〉、.| ̄| ̄:|::::::::::::|  | ̄|| ̄|| ̄l ..|::|  .||  .| .| |..| | .|::::::::::::::::::::::| | |::::::::::::::::| | l::::::::::::::::::::::::| |::::::
;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.∧);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,/ ̄..y.ヽ::::::|::::::::::::|  |゙::::||゙::::||゙::::l ..|::|  .||  .| .| |..| | .| ̄ ̄ ̄ ̄.l | | ̄ ̄ ̄.....l |  ̄ ̄ ̄ ̄:| | ̄
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.∧,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.>- 、:::::γ⌒ 、::::|    ̄ ̄ ̄ ̄  .|::l ̄ ̄ ̄l .| |..| | .|        .| l |      .l |....,,,,,,,,,,-=ニ  ̄ ̄ ̄
;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.∧.,.,.,.,.,.,.,.r― 、::::::>:::、:::::::::>::::>-‐ 、 ̄ ̄ ̄ ̄          \
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.∧ ヘ/::::::::::::\ヽ:::::::Y:::::::{::::::::ヾ:::{                      >
;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.∧三hヾ:::::::::::ハ:::::i:::::|::::::::}::::::::ソ::ノ           /    /
: : : : : : : : : : : / /: : : : : : : : :| |::::>::::::::::|:::::l:::::l:::<              /     /
.: : : : : : : : : :./ / ̄三ヽ: : : :.| | ̄ヽ::::<   ...:::::::::::::::           <    /

続きを読む »



蒼星石たちは本を守るために銃を持つ 第14話

05 14, 2013 | 蒼星石たちは本を守るために銃を持つ

0 Comments


┌────────────────────────┐
│告別式当日――そして『情報歴史資料館』閉館日当日    │
└────────────────────────┘



    ./::::::.:.:.:.:.              |
    /:::::::::::::::::.:.:., .-────‐-、|
   .〈:::::::::::.:.:,r'"´  _   -─‐─‐-L_
    ヽ::::.:/ , -'"´              \
     .Vr'´.:::::::::::::.:.:.,   - ─‐──‐‐- 、/
    /.::::::::.:.:.:.:., ィ_,.. - ''': ´ ̄: : : : :`ヽ : : ヽ
    \.::::::::::,ィ'"´: .|: : l : : i: : : :'; : : : : : ヽ.: ::ヘ
      \,::イ: .!: : : :ハ : :!: : '; : : : \: : : : : ';ヽ : !
.         |:.:.:i:.:.:.:.:.:.∧|  ヽト、:.:.:lノ x=ミ、| : : l !:|
..      ';.:.:l:.:.:.:.:./ ,x=ミ、\l ″,,,,,, } l: :/ リ
          v:{:.:.:.:イ 〃      '    /イ:|/;/        うーん。おいしい!
          .l:/ 「「「「| """   }_,ノ   /.:.ト|
        |∧.:ゝ ノ_、    ノ    /:::/|'⌒⌒ヽ
          .ヽf'⌒ヽ)>   __ .. イ⌒;─LLノノノ
          ∧  `}{ヘi´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`i
    ._____  { {ヘ_,ノfー{             }
    |   .ィ¬ヘ vヘ、_,小∧             /
    |  {ニ‘-{リ ∨__}/i{厶_________厶_
──┤  `ー'|─┘┴‐└\              /
    ` ー一 ´          ` ー─────一 ´

続きを読む »



蒼星石たちは本を守るために銃を持つ 幕間 「日野の悪夢」

04 29, 2013 | 蒼星石たちは本を守るために銃を持つ

1 Comments


┌───────────────────┐
│襲撃は迅速かつ圧倒的だった――――。   │
└───────────────────┘



                                                    」1
                                                     l|I{
                                                     l|::|
                                                     l|::|                  」1
                                                    」|::L                  l|I{
                                                    /r| |                  l|::|
                          」1                    _∠_j | |                  l|::|
                           l|I{                  /::::::::::.`: _|\               」|::L
                           l|::|                  /[|:::::::::::::::|]⌒: }             /r| |
                           l|::|                 〈{: : 弋:::::::彡': : : /           _.∠_j | |
                          」|::L                 `ヾ: : : : : : : :/´         /::::::::::.`: _|\
                          /r| |                   }}≧==≦{{          /[|:::::::::::::::|]⌒: }
                       _∠_j | |                   `ー====彡          〈{: : 弋:::::::彡': : : /
                      /::::::::::.`: _|\                   }::::j            `ヾ: : : : : : : :/´
                    /[|:::::::::::::::|]⌒: }                       `¨               }}≧==≦{{
                   〈{: : 弋:::::::彡': : : /                                 `ー====彡
                    `ヾ: : : : : : : :/´                                     {::::j
                      }}≧==≦{{                                       `¨
              l「|          `ー====彡
              l|:|            {::::j
             」|]}             `¨
             /r| |
          _∠_j | |、
         /::::::::::.`: _|\
       /[|:::::::::::::::|]⌒: }
      〈{: : 弋:::::::彡': : : /
       `ヾ: : : : : : : :/´
         }}≧==≦{{
         `ー====彡
           }::::j
           `¨

続きを読む »




Next Page »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。